« 第50回 合研(全国保育団体合同研究集会) | トップページ | 保育に活かすアナログゲームと手料理のつどい報告 »

2018年10月23日 (火)

保育に活かすアナログゲームと手料理のつどい

アナログゲーム…聞きなれない言葉かもしれませんが、テーブルゲームなどカードやボード盤、その他、物を通して実際に人と一緒に遊ぶゲームのことです。
 

秋も深まり子ども達は外で元気に遊ぶ季節…のはずが、近所の公園でIPADを囲んで頭を突き合わせている子ども達の姿や、隣り合ってそれぞれポータブルゲームに励んでいる小学生の姿を見かけませんか?きっと、友達の家に遊びに行ってもTVゲームがあそびの中心になっていないでしょうか?

 

 保育園の子ども達には、あそびを通してもっと人と関わることの楽しさを感じてほしいものですね。アナログゲームには人と触れ合う楽しさやルールを共有して一緒に「あそびの場」を作る楽しさが盛りだくさんにあります。

今回はアナログゲームを囲んで子ども達の遊びについて考えていく会を企画しました。あそび方から、子ども達にどうやって広げていくのか、講師の先生と一緒に遊びながら考えていきましょう!
 

 

                 

 

 

 

日時 12月 1日(土) 1800 ~ 2100終了予定

 

 会場 刈谷市総合文化センター 403研修室(刈谷総合駅より徒歩5分)

 食材費等の実費を参加者の方にも御協力していただきます。1000円程度になる予定です。
 
 9720031
 

 企画① 18:00~ アナログゲームを囲んでみんなであそぼう!

 

                               ボードゲームおじさん、瓜生さんを招いてアナログゲームの事をいろいろ教えてもらいながら、みんなで遊びます。

 

 企画② 20:00~ 料理を囲んで交流しましょう

 今度は手料理を食べながら今日の遊びを振り返り、皆さんの日々の保育の事を語らいましょう!

参加される方の申し込みは

danporentoukai@yahoo.co.jp、または

愛知男性保育者連絡会会長 秋田まで (090-1723-9270 ショートメールでも大丈夫です)

愛知男保連の他の事務局員にお知らせいただいても大丈夫です。皆様のご参加、お待ちしております。

12月1日(土)
みなさん、ぜひ遊びに来てください!!

« 第50回 合研(全国保育団体合同研究集会) | トップページ | 保育に活かすアナログゲームと手料理のつどい報告 »

無料ブログはココログ